テクノロジー

TECHNOLOGY

Cnano Technologyは、カーボンナノチューブとグラフェンの研究開発、製造、および応用開発と販売に取り組んでいます。カーボンナノチューブ生産資格の取得、及び大量生産のサポートも可能です。

カーボンナノチューブ紹介
特別ナノ材料

カーボンナノチューブ(CNTs)とは新型カーボン材料であり、グラフェンの円筒形構造を持ちながら、その徑の範囲は1nm~100nmとなります。この管狀繊維の長さが変わり、一般的には數ミクロンから數千ミクロンまでです。カーボンナノチューブの長さと直徑の割合は1,000から100,000までです。これほど大きな比率と特別な構造は他の材料には見られません。 カーボンナノチューブは多の特殊性能を有します。例えば、強さはステンレスの16倍、熱伝導係數は銅の5倍です。 カーボンナノチューブ自體がパウダー狀態であるため、新しい複合材料との相性が良く、ポリマー、セラミック、金屬材料に添加すると、材料の物理的な性質(導電性、熱伝導性、その他など)を大幅に改善出來、既知のカーボンブラック、炭素繊維、ガラスファイバーなどよりも優れている例が報告されております。
カーボンナノチューブは、単層、少層、多層、とカーボンナノチューブ円筒構造の層數によって3種類に分類されます。
以下にパラメータデーター參考するようお願いします。

1. 電気抵抗率: 10 -4 Ω-cm

2. 電流密度: 107 amps/cm2

3. 熱伝導率: 3,000 W/mK

4. 引張強さ: 30 GPa

カーボンナノチューブの発見、構造、用途など、詳細については、以下のウェブサイト參照してください。

http://en.wikipedia.org/wiki/Carbon_nanotube

Cnanoの強み
業界をリードする

   弊社の技術は過去10年間の研究成果と産業発展の実績に基づいています。カーボンナノチューブ業界のトップリーダーとして、最新の反応器設計と原料利用率より、価格競爭力の有るサービスを提供致します。

分散技術ガイド
より良い性能を持つ為、優れた分散技術は不可欠である

カーボンナノチューブ優れた特性は有用であるものの、ナノサイズの粉體である事から凝集しやすく、他材料との混合、他材料への分散は容易ではありません。一般的には物理的な方法と化學的な方法で分散致します。細斷、混合、加圧等で、液體や溶剤に分散させる事が可能です。 界面活性剤の添加及び表面処理によりCNTと分散剤の相性を改善し、より均一な分散が期待されています。詳しくは弊社までご連絡下さい。

健康安全
安全が最も重要です


いかなる材料の潛在的な危険性は、暴露される時間の長さ、人體に留まる時間の長さ、材料毒性の受け継ぎに関連します。ナノテクノロジーは新時代技術である為、その危険性の究明は途上段階にあります。弊社では安全を確保する為に努力を続けています。管理方法を最適化し、漏れ可能性がある區域は全て隔離致しました。弊社の社員たちは定期的に安全トレーニングに參加し、ナノ物質を取り扱う際には個人用保護具(PPE)も裝著致します。
SDSに従い、適宜個人用保護具を裝著しながら作業し、突発的な事故の防止に努めております。
ナノテクノロジーについては、以下の資料をご參照下さい。。
安全な取り扱い:ナノ材料に関連する健康と安全の問題(クリックしてご覧ください)
ナノテクノロジーに有害物質コントロール方法(クリックしてご覧ください)
カーボンナノチューブリスク管理(クリックしてご覧ください)

美女露出奶头扒开尿口免费网站| 阴道| 乳罩脱了喂男人吃奶视频| 宝宝~才一根手指就不行啦微博| 少妇挑战黑人高潮惨叫| 自W时该看的页面| 久久久久久久久久久鸭| 97欧美AV成人无码国产| JIIZZYOU性欧美| 年轻的母亲1在线线观免费观看|